コシヒカリを育む 魚沼六日町の自然

霊峰・八海山(はっかいさん)1,778メートル

山岳信仰の霊山「八海山」。山頂には八海大明神が祭られ、中世以来の修験者の聖地として知られています。八海山、中ノ岳(2,085.2メートル)、駒ヶ岳(2,002.7メートル)を越後三山といい、「越後三山・只見国定公園」の中心を成します。なかでも魚沼盆地に君臨する八海山の独特な威容は圧巻です。登山ルートは3本。鎖場が続くスリル満点のコースやロープウェイで4合目までいけるコースがあります。冬は抜群の眺望と3つのロングダウンヒルコースが楽しめる八海山スキー場が人気。

清流・魚野川(うおのがわ)

魚沼盆地の中央を南北に流れる清流「魚野川」。古くは河川航路として経済・文化の発展を支えてきました。毎年春には雪解け水をたたえ、清々しい流れを見せてくれます。近年は、アユ釣りのメッカとして、また渓流でのイワナやヤマメ釣りの人々でにぎわっています。
また、支流の三国川(さぐりがわ)上流には、しゃくなげ湖というダム湖があり、湖を一周するドライブコースやオートキャンプ場など、抜群のロケーションで自然を満喫できます。

雪・ホワイトピア六日町

全国有数の豪雪地六日町。冬期間は、3メートルもの積雪におおわれ、魚沼コシヒカリのふるさとは、スキーと温泉の町に変身です。上越新幹線や関越自動車道など交通アクセスも良く、スキーヤーでにぎわいます。
とはいえ、美しい雪も住民の暮らしには難敵。深い雪に閉ざされた山間部で春を待ちます。豪雪の苦難を強いるかわりに、天は滋味豊かな土壌と清らかな雪解け水を与えてくれました。日本一のコシヒカリを育む自然、ホワイトピア六日町です。

コシヒカリ共和国
事務局
JA魚沼みなみ 普及指導課
〒949-7302 新潟県南魚沼市浦佐5148-1
電話:025-777-3786 FAX:025-777-3842